フリー相談



Eメール無料相談
■フリーアドバイス・基礎知識
人材確保の基礎知識
新商品を作る売る基礎知識
機密および個人情報の守秘に関する誓約書
暴力団が来た!事件屋が来た!
即効性の社内ネットワーク構築
売れるサービス
経営方針、本物の作り方
手形・小切手受取チェック
極悪社員の解雇手続
集計ミス数字マチガイ探し
知ってますか?あなたの会社のライフサイクル
内容証明郵便を送るコツ
社員が、事件に巻き込まれたら…?

なぜ期待どおり動かない社内ネットワーク

設備投資は少なくて、カンタンに構築   IT・インターネット・電子メール?
 
なぜ、目に見えて効果が出ないのか!   これは失敗の現われ
オリジナル積み上げ方式はとても重要
場合によっては構築をやりなおし!
  A.紙の量が増えた
B.ダラダラeメールにうんざりしている
C.パソコンが追いかけてくる

1st 診 断   素人の操作向上策
  組織づくり35年の実績にもとづいて  
(1)フリーズのとき
(2)ダウンロードの方法
(3)コピー貼り付け
(4)ウイルス、国際電話

動かせない操作上の問題がこの(1)〜(4)にあることを、未だにパソコン技術者の多くは発見していない。
2nd 解決action提案  
  (1つか2つのアクション項目で充分)  
3rd 変化が生まれ…定着対策  
 
私どもにおまかせください!  

さて、もういちどチェックしてみてください
 
(1)社内用ホームページ
(ASP)
経営幹部からスケジュールを載せていますか
お知らせ、通達、ニュースは読まれていますか
規則規程とかマニュアルは載っていますか
ERP動かない
評判悪い
その訳は…
 
(2)間接部門の書式
(フォーム)
いつでもダウンロードできますか
ダウンロード、入力、送信、活用されていますか
使ってみて、便利、楽しい、おもしろいとなれば
次の発展につながります。
(報告、リンギ、データ送信へと)
 
 
面従腹背って知ってますか!
練習用あり    
 
(3)電子掲示板、伝言板 らく書き伝言板と思ってください。これが役に立つ
営業部門などでは、ケイタイからメールするのも方法デス
不思議なことに、中身のこいスピード営業になる
それはなぜか…。
企画、研究、提案活動、ディスカッション…ここまでくると
スゴイスゴイ
(ナレッジマネージメントのソフトは買わずにすむ)
 
(4)IT担当者を選任したとき コンピューター技術者をあててませんか?
営業や組織形態・組織運営を聞いたことの無い方には、
無理があるのです。
(医者や弁護士に経営センスの持ち合わせの無い人が多いように)

eメールなぜ、ニュアンスや気持ちまでは伝わりにくい?
 
その理由は
  1. 私たちの使う標準語は形にはまった国語です。
家族や生活とは、ちょっとはなれた言葉です。
  2. 熟語や外来語は使う人によって意味や概念が違います。
そんなに熟知して使っていません。
そこで業務上のコミュニケーション ひと工夫
  1. 伝達事項は箇条書き、なるべく数字を使ってね。
法律用語は使わない。あいまい表現も使わない。
  2. 報告事項は、普段から日常使っている言葉で。
ふだんがそうなら方言を混ぜて。ていねい語で書きましょう。
メールは形式第一の敬語は厳禁です。
eメールは通達文書や規則文書と違います。
  同一文化か異文化か。分かった上でコミュニケーション。
地方ごとに発想や文化がちょっと違うから。eメールは、コミュニケーションを
活発にして深く広く意思を伝達する手段。使い慣れない言葉によって思い違いをさせないのは、eメールでは初歩的工夫なのです。
学生時代や受験のときの型にはまった作文にはとらわれずに、
コミュニケーション第一に、eメールはどんどん送信!

弊社の製品なら…
オーダーメイドでありながら、運用ノウハウ積み上げ方式は営業販売、人間関係や会社組織運営を知り尽くした専門家によるもので、国内に同じような製品は見つからない
(ASP方式=無制限規模、百万円以内)

経済恐慌から脱出するには、  
  社内ネットワークを動かすことが必要です。
社内ネットは経営の必需品!  
  ところで、期待どおりに、効果が出ていますか?

来年は経済がさらに落ち込みます。健保、年金、雇用保険、介護保険の改正によって 4兆円弱も、個人消費が落ちます。6月ごろから目に見えて現れます。
そこで、これからの、経営方針としては、
いったん事業現場を「 I T 」で武装する方法で縮小し、
知恵と知識を効率化して、新しいマーケットと新しい事業システムを
構築することが、この平成恐慌を生き残る道です。
私どもは、貴社の社内ネットワークづくりを、引き受けます。
   失敗した社内ネットワークを再構築します。

弊社の製品の特徴(予算は100万円で充分)
1. サーバー設置の必要はありません。 24時間運転も不要です。
  →  最新のサーバーをレンタルして、機械的能力の制約を排除します。
2. 運用技術者を雇用したり配置したりする必要はありません。
  したがって、運用経費に人件費は不要です。
3. 御社オリジナルを積み上げた、仕事に合わせたシステム。
  パッケージソフトのごとく、仕事のやり方をシステムに合わせる必要はありません。
4. 価格が安くてもソフトは一流。
  大手でもソフトは一個人が作っています。 ところが、世界の個人が発表したソフトを探してみると、優秀なソフトが広く安く入手できます。
大手のような社員だけで作るような狭い知恵ではありません。
御社に合った最良ソフトを見つけ出し、改良し、安い費用で一流の仕事を致します。
 
連絡をいただければ複数サンプルをお送りいたします →  info@soumubu.jp
 
見本の社内書式は無料でダウンロードしていただけます。
http://www.soumubu.jp/download/index.html
この107の書式は、それぞれダウンロードして、ワードで入力修正して、メールで送る。 これを社内で行えば即日ネットワーク化ができます。メール程度に社内ネットが限られていたとすれば、 これだけで一挙に膨らむでしょう。ASPなので設備投資は格段に安い。 社内のナレッジマネージメントも現実の射程距離内に入ってくるのです。 この程度のものは無料で提供できますからまずは試してみていただきたい。
平成恐慌を乗り切るにはまず初めに、事業のいったん縮小
と、小回りが利くように組織の縮小そして先鋭少数が欠かせません。即効性のある 社内ネットワークや電子掲示板をすぐにでも構築する必要があります。 仕事と人材の運営には規則が必要であります。そこから手をつけるのが現実的であります。 ここで初めて、私どもが貴社の間接部門をアウトソーシングの形で引き受けます。 計画が進まなかったり判断ができなかったり、あるいはIT化がどこかで止まっている のであれば相談をいただきたい。社内ネットワークや電子掲示板はASPで設備投資を 大幅にダウンさせ数週間のうち構築することを引き受けます。
社内ネットワークは段階を追って出来上がっていきます。
最初から投資してはいけません。
ERPなどソフト開発会社の上げ底商品とおもったほうがよいのです。
社内用のASP/ホームページに社内文書を、電子掲示板、
社内フォームの整備、経営幹部のスケジュール、
これらを徐々に進める、段階的に進めるのがコツであります。
eメールのみの社内ネット、紙の使用量が増えた。
それは失敗の証拠であります!
ASPで第一段階の構築をする場合、一事業単位100万円以内
の投資であり5万円の運転費用ですみます。
1000人の会社であっても運転専任者は要りません。
動かせるようになり、効果が出てから次の段階を考えるのです。